NEWS

ブルーノート・レコード創立80周年記念、G-SHOCKとの限定コラボ・ウォッチの発売を発表。発売記念イベントにケンドリック・スコットと注目の若手プロデューサーのロファイルが登場

 


2月21日、ニューヨークにてブルーノート・レコード創立80周年記念の一環としてショーケース・イベントが行われ、カシオの時計ブランド「G-SHOCK」との限定コラボ・ウォッチの発売が発表された。このイベントで早耳の音楽ファンの間には話題となっており2月21日にブルーノートからのデビューEP『トゥ・フォーギヴ』を発売した音楽プロデューサー「ロファイル(Lophiile)」とケンドリック・スコットが共演。ロサンゼルスでも28日にイベントを行う予定で、ロファイルとチャールス・ロイドとの共演がアナウンスされた。

また、ロファイル、チャールス・ロイド、ケンドリック・スコットらが出演する「G-SHOCK」とブルーノート・レコードの映像も公開となった。
https://youtu.be/SJXu7j9bQaQ

ロファイルはZEDDの「アイ・ウォント・ユー・トゥ・ノウ」や「ステイ」の公式リミックスやツアーのオープニング・アクトを担当。また、グラミー賞最優秀新人にもノミネートされているH.E.R.のデビュー・アルバムの楽曲プロデュースなどを手掛けた注目の音楽プロデューサー。

■リリース情報

ロファイル『トゥ・フォーギヴ』
Lophiile “To Forgive”
配信中

配信まとめリンク
https://lnk.to/lophiile_ToForgive

Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/to-forgive-ep/1452972389

Spotify
https://open.spotify.com/album/08Y2FNHDlpJsK5BPgF4teN


収録曲
1. You’ve Changed
2. One Hand (feat. Sophie Faith)
3. Late Ass
4. You’re Gonna Need It (feat. Jesse Boykins III)
5. My Side (feat. NSTASIA)


■プロフィール
母親はゴスペル・シンガー、父親はトランペット・プレイヤー、そしてサウンド・エンジニアという音楽に造詣が深い家族に生まれた「ロファイル」。 幼い頃から、モータウンやソウルに親しみ、スティーヴィー・ワンダーやマーヴィン・ゲイのような一流のアーティストから、ジル・スコットやインディア・アリーのようなコンテンポラリー・アーティストまで、様々な音楽に触れてきた。 ティーンエイジャーになった頃、ヒップ・ホップに傾倒し、大学でジャズを勉強。並行してメタルバンド、A Memoria Broodedのドラマーとしても活躍。また日本でも人気のメタル・コア・バンドでイシューズ(ISSUES)のキーボード/ターンテーブル担当として2015年まで活動していた。2015年から、H.E.R.、ガラント、ゴールドリンクらに楽曲提供/プロデュースを担当、ゼッドの公式リミックスなども手掛ける。

2019年、創立80周年を迎えるブルーノート・レコーズからデビューEP『トゥ・フォーギヴ』を2月21日にリリース。


■リンク
ユニバーサル ミュージック ジャパン:ロファイル
https://www.universal-music.co.jp/lophiile/

Twitter
https://twitter.com/lophiile

Facebook
https://www.facebook.com/lophiile/

Instagram
https://www.instagram.com/lophiile/?hl=ja