NEWS

ニュー・トリオでの来日公演に向け、福盛進也からコメント到着!

2019年に創立50周年を迎えたドイツの名門ECMレーベル。そのECMから昨年アルバム『フォー・トゥー・アキズ』でデビューを飾った日本人ドラマーの福盛進也。彼がアルバムに参加した盟友ウォルター・ラング、そしてECMを代表するサックス奏者であるトリグヴェ・セイムを迎えたニュー・トリオで来日を果たす。
ECMの現在を体感できる一夜限りの公演に向けて、ミュンヘンの福盛からコメントが到着した。



今回、新たにトリグヴェ・サイムをサックスに迎え、新体制でのShinya Fukumori Trioとして来日できることを非常に嬉しく思います。トリグヴェの演奏を初めて耳にしたのは10年以上も前のこと。ちょうどECMが好きになった頃に彼のサウンドに出会い、こんな美しいサックスの音色はこれまで聴いたことがなく、衝撃的だったことをよく覚えています。いつか一緒に演奏したいと片想いの時間が何年もありました。そんな中、デビュー作を出したことで距離は近づき「是非一緒に演奏したい」と言ってくれました。これまでヤン・ガルバレクの音が代表的だったノルウェーのサックス界が、トリグヴェの出現で見事に新たな風が吹き、革命が起きたのは紛れもない事実。今やECMを代表するアーティストとなった彼と念願の共演が叶い、新たなShinya Fukumori Trioとして進化するサウンドを楽しんでいただけたらと思います。
そして偉大なピアニスト、ウォルター・ラング。彼の素朴で純粋なピアノの表現は、自分のトリオには欠かせない大切なサウンドです。「ECMの事務所があるから」という理由でミュンヘンに行こうかと考えていた7年前、大阪のジャズ・バーで「ベルリンもいいけどミュンヘンの方がいいと思うよ」と最後の後押しをしてくれたのはツアー中のウォルターでした。その後、自分のトリオだけでなく様々なプロジェクトで共に演奏を重ね、お互いに信頼の置ける関係を築けたことは何よりの財産です。
そのシンプルで抒情的な演奏は大きな力になり、その大きな力が音楽に反映され、そしてそのパワフルな音楽が人々の心を動かすものだと信じています。
6月14日、彼の素晴らしい演奏を心ゆくまで楽しんでください!
福盛進也



■来日公演予約受付中!


ドイツ・ミュンヘンで活躍中の日本人ドラマー、
ECMデビュー作を携えコットンクラブ初登場!
SHINYA FUKUMORI TRIO
福盛進也
2019年6月14日(金)
[1st.show] open 5:00pm / start 6:30pm
[2nd.show] open 8:00pm / start 9:00pm
MEMBER: 福盛進也(ds) トリグヴェ・サイム(sax) ウォルター・ラング(p)
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/shinya-fukumori/


■福盛進也リリース情報
Shinya Fukumori Trio
『フォー・トゥー・アキズ』

NOW ON SALE  UCCE-1171
https://youtu.be/eWc5dSMnMcc

CDアルバムのご購入はこちら
https://store.universal-music.co.jp/product/ucce1171/

iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/for-2-akis/1440858594


福盛進也Official Site
https://www.shinyafukumori.com/

Universal Music福盛進也アーティスト・ページ
https://www.universal-music.co.jp/shinya-fukumori-trio/

公式Twitter
https://twitter.com/shinyafukumori

公式Facebook
https://www.facebook.com/shinyafukumoripage/