PICK UP

注目盤が続々! ブルーノート創立80周年記念コンピレーション特集


今年創立80周年を迎えた、史上最強のジャズ・レーベル、ブルーノート。ライヴ・イベント「BLUE NOTE plays BLUE NOTE」の開催や、初秋にはドキュメンタリー映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』の日本公開も控えるなど、さまざまイベントが目白押しだ。また、定番80タイトルの高音質UHQ-CD再発「ブルノート・ザ・80ワークス」やレア盤再発「ブルーノート モア・60ワークス」等のカタログ・シリーズも充実しているが、コンピレーションも多彩なテーマで順次リリースされている。今回は、6月~8月発売分のタイトルをご紹介しよう。


■BLUE GIANT × BLUE NOTE

2019年6月26日発売 UCCQ-1098/9
曲目等の詳細・CDご購入はこちら https://store.universal-music.co.jp/product/uccq1098/

2013年から小学館『ビッグコミック』に連載されているジャズ漫画『BLUE GIANT』シリーズと、ブルーノートとのコラボレーション・コンピ・アルバム。『BLUE GIANT』の中で描かれるジャズと親和性の高いブルーノートの名曲を21曲コンパイルした2枚組。ジャケットは作者の石塚真一氏の描き下ろしで、ブックレットにも描き下ろしのオリジナル・ストーリー(10ページ)が収録されている。



尚、9月には仙台・電力ホールと南青山・ブルーノート東京にてライヴ・イベント「BLUE GIANT NIGHTS 2019」が開催される。



■Diggin’ On Blue mixed by DJ KRUSH & MURO

2019年7月24日発売 UCCQ-1100/1
曲目等の詳細・CDご購入はこちら https://store.universal-music.co.jp/product/uccq1100/

ブルーノート公式の最新ミックスCDがこちら。ワールドワイドで高い評価を獲得し続けているDJ KRUSHと、日本が世界に誇るKing Of Diggin'ことMUROが手掛けたノンストップ・ミックスを各ディスクに収録した2枚組。タイトルの『Diggin' On Blue』は、レーベル創立60周年の1999年にピート・ロック、ロード・フィネス、ビズ・マーキーという世界的トップDJたちが手掛けた伝説のミックスCDシリーズから採用されている。両者一切かぶりなしの全45曲。それぞれの個性が存分に発揮された、ブルーノートへの愛とDJとしての矜持を感じさせる選曲とミックスとなっている。


■BLUE NOTE COVERS

2019年7月17日発売 UCCU-1605/6
曲目等の詳細・CDご購入はこちら https://store.universal-music.co.jp/product/uccu1605/

ブルーノート・レーベルの創立者/プロデューサーのアルフレッド・ライオンは、レコーディングにあたり、アーティストに積極的に新曲を書き下ろすように進言したという。その結果、数多くのブルーノート発のヒット曲が生まれ、同時にそれらのカヴァー・ヴァージョンも数多く録音された。本作はそんなブルーノート・ヒッツのカヴァーを厳選して収録した2枚組。ディスク1には90~2010年代の録音、ディスク2には50~80年代の録音が収録されている。J-Squadの未発表音源「処女航海」(ハービー・ハンコックの名曲)が特別収録されているのも見逃せない。


■『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』オリジナル・サウンドトラック

2019年8月14日発売 UCCQ-1102/3
曲目等詳細・CDご購入はこちら https://store.universal-music.co.jp/product/uccq1102/

マイルス・デイヴィスからノラ・ジョーンズまで、80年にわたりジャズをリードしつづける革新的レーベルの真実に迫る傑作ドキュメンタリー映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』。9月6日の日本公開に先がけて、オリジナル・サウンドトラックがリリースされる。映画のハイライトである、ロバート・グラスパーを中心に若手アーティスト達で結成されたスーパー・グループ、ブルーノート・オールスターズと、レジェンドのハービー・ハンコックとウェイン・ショーターとの共演曲「マスカレロ」をはじめ、劇中に登場するブルーノートの歴史を代表するナンバー21曲を厳選して収録している。