PICK UP

ゆっくり、だけど、確実に。 〜福盛進也 音楽半生記〜 (第18回)


2019年に創立50周年を迎えたドイツの名門ECMレーベル。そのECMから昨年デビューを飾った日本人ドラマーの福盛進也。
15歳でドラムを始め、17歳の時に単身で渡米。その後、ブルックヘブン・カレッジ、テキサス大学アーリントン校を経て、バークリー音楽大学を卒業。10年間のアメリカでの活動後、2013年に拠点をミュンヘンに移し欧州各国で研鑽を積み、遂に念願のECMデビューを飾った福盛進也が、これまでの歩みを自ら綴る連載企画。


【第十八章】―更生―

あの事件が終わり僕はテキサスに戻った。まだ暑い夏は続いており、テキサス特有のカラッとした猛暑を空港に降り立った瞬間感じた。

住む場所を失った僕は、取り敢えず807のメンバーの一人、Victorの実家に転がり込んだ。Victorの実家はオーククリフにあり、以前からしょっちゅう出入りしており家族とも交流があったので気が楽だった。とはいえここはオーククリフ、犯罪が毎日発生しているダラスで最も危険な地域。ほとんどの家の玄関には鉄格子があり、自分の身を守っている。そしてVictorの実家だってもちろんそうだ。ある夜のこと、仲間と玄関先で談笑していたら車が通りかかり、こちらに向かって発砲してきた。威嚇の為の発砲だったため、幸い誰一人怪我は無かったが、こういう恐ろしい場所に自分は現在身を置いているのだ、と再認識した。

それからは、一刻も早くこの状況から脱出しようと思い、ブルックヘブン・カレッジがある北ダラスで再びアパートを探し始めた。一人暮らしだとなかなかコストも掛かるし、ルームメイトと住むのも有りだな、と思い学校の掲示板に貼られている「ルームメイト募集」から自分に合いそうなものを選んで連絡してみた。しかし、新学期が始まる直前ということもあり、そう簡単には見つからない。音楽科に入る手続きを進めながら、毎日学校に足を運ぶも何日経っても住む場所が決まらない、とても困難な状況だった。だがそこで思いついた。もしかしたら、自分と同じように部屋を探しているけど見つかっていない人がたくさんいるのではないか、と。だったら話は簡単だ。ベッドルームが二つある部屋を探し、自分が借主となり逆にルームメイトを募集してみればいい。そして僕はブルックヘブン・カレッジ周辺を車で周り、良さげなアパートの事務所を訪ねては空き状況と家賃を確認した。テキサスでは、団地の様な集合住宅に必ず運営事務所があり、不動産会社を通さずに個人で直接交渉できるのであった。なので、比較的簡単に情報を集めることができたし、結果すぐに住む場所は見つかった。後は掲示板にルームメイトを募集していることを告知すればいいだけであり、やはり自分と同じ状況の人がたくさんいたようで、応募の電話がいくつもかかってきた。その中から韓国人の少し年上の人がルームメイトとなり、無事に全ての問題が解決した。

オーククリフでひと月ほどお世話になり、僕は新しいアパートへと引っ越した。やっと新たな生活を始められる。今まで約1年もの間ドラムを叩かず音楽も一切しなかったけれども、ここから先はしっかりと音楽の勉強に力を入れようと心を入れ替えた。大学でどんなことを学べるか、そしてどんな人たちと出逢えるのか。そう思うととてもワクワクし、一刻も早く学校に行きたかった。

選択する授業も全て決まり、いよいよこれから新しい学年が始まる。2003年8月末、初日だし遅刻しないようにと思い、いつもより早く起きて準備を終え家を出た。空は少し曇り空、もう少ししたら雨が降りそうな、そんな天候だった。そして駐車場に行き、自分の車に辿り着いた瞬間、僕は言葉を失った。なんと、車上荒らしにあっていたのだ! 窓ガラスが割られ、車の中のステレオや小銭が盗まれていた。オーククリフではなく、比較的治安の良い北ダラスでもこういった事件は多発していた。つまり車上荒らしは日常茶飯事だったのだ。僕は仕方なく警察に電話をし、現場検証をしてもらった。そうしているうちに時間は過ぎ、最初の授業も既に始まっていた。ガラスの破片を掃除し、何も無い窓にはゴミ袋をガムテープで貼り付け、やっとのことで学校に到着。そして急いで教室に入り、事の顛末を先生に説明した。幸い優しい先生で、何も問題無く受け入れてくれて、その後はスムーズに初日が終わった。

困難続きで本当に大変な時期だったが、色々と人生勉強にもなったし得たものもたくさんあった。そして、今後一切悪いこととは関わらないでいようと強く心に決めた。やっとここから本格的に音楽の勉強をスタートできる。ジャズ・ドラマーとしての第一歩をやっと踏み出せたのであった。


ブルックヘブン・カレッジ時代


※記事中の写真は本人提供

(次回更新は11月4日の予定です)


第十七章はこちら
https://bluenote-club.com/diary/267857?wid=68497

第十六章はこちら
https://bluenote-club.com/diary/260516?wid=68497

第一章~第十五章のまとめ読みはこちら
https://bluenote-club.com/diary/267819


■最新情報
伊藤ゴロー、佐藤浩一との新ユニット
「land & quiet」のデビュー・アルバムがリリース。
『land & quiet』

2019.7.24 ON SALE  UCCJ-2169
https://youtu.be/9cNGNGuyO-8


■Discography
Shinya Fukumori Trio
『フォー・トゥー・アキズ』
NOW ON SALE  UCCE-1171
https://youtu.be/eWc5dSMnMcc

CDアルバムのご購入はこちら
https://store.universal-music.co.jp/product/ucce1171/

iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/for-2-akis/1440858594

福盛進也Official Site
https://www.shinyafukumori.com/

Universal Music福盛進也アーティスト・ページ
https://www.universal-music.co.jp/shinya-fukumori-trio/

公式Twitter
https://twitter.com/shinyafukumori

公式Facebook
https://www.facebook.com/shinyafukumoripage/