COLUMN/INTERVIEW

【連載】インパルス・レーベルの60枚



2020年に創立60周年を迎えた名門インパルス・レーベル。1960年にABCパラマウント傘下のジャズ専門レーベルとして発足して以降、ジョン・コルトレーンを旗頭に、ジャズが大きな変革を遂げた60~70年代の激動のシーンの一翼を担った。そんなインパルスを代表する名盤を、音楽評論家の原田和典が毎回3枚ずつ、合計60枚解説。8か月にわたってインパルスの魅力をひも解いていく連載企画。


【第三回】

<7> ザ・クインテッセンス / クインシー・ジョーンズ
The Quintessence / Quincy Jones (A-11)


アレンジャー/プロデューサー/マーキュリー・レーベルの副社長として八面六臂の働きをしていた時期のクインシー・ジョーンズが例外的にインパルスに残した一枚。1961年夏のニューポート・ジャズ祭ではホットでファンキーなプレイを繰り広げたクインシー・オーケストラだが、スタジオ収録による本作には柔らかくゆったりした響きが充満している。ステレオ録音を大いに意識したに違いない広がりのある音場設定、隠し味的に使われるフレンチホルンやフルートやハープの響き、簡潔にして的を射たアドリブ・ソロの数々、どれも大変な聴きどころだ。一時期クインシーも在籍したカウント・ベイシー楽団からサド・ジョーンズ、ジョー・ニューマン、フランク・ウェスら強力なメンバーを得たのも、クインシー楽団からアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズに移籍したフレディ・ハバードとカーティス・フラーが吹き込みに際して古巣に戻ったのもプラスになっている。
※創立60周年記念「インパルス・ザ・マスターワークス on ハイレゾCD」にて再発売
2020.3.18 ON SALE  UCCI-40007  \3,080(tax in)

 




<8> カンザス・シティ・セヴン / カウント・ベイシー
Count Basie And The Kansas City Seven (A-15)


カウント・ベイシーは1920年代前半、ハーレムのヴォードヴィル・ショーや無声映画の伴奏者として本格的なキャリアをスタートさせた。その後カンザス・シティに移り、ベニー・モーテン楽団を経て、35年に自身のオーケストラを立ち上げる。が、決してコンボ(小編成のバンド)に対する情熱を失うことがなかった。このアルバムは39年ヴォキャリオン・レーベル、44年キーノート・レーベルに残されたレコーディング用のコンボ“カンザス・シティ・セヴン”を62年当時の空気の中で蘇らせた作品。メンバーはベイシーとフレディ・グリーン以外、がらりと一新。リアルタイムのベイシー楽団から、精鋭メンバーを選びぬいたものとなっている。長年の愛奏曲「オー、レディ・ビー・グッド」、「アイ・ウォント・ア・リトル・ガール」、「シュー・シャイン・ボーイ」以外は書き下ろしのリフ・ナンバーやブルースを収録。フルート類やオルガンの使用もサウンドに柔らかなニュアンスを付け加えている。
※創立60周年記念「インパルス・ザ・マスターワークス on ハイレゾCD」にて再発売
2020.3.18 ON SALE  UCCI-40010  \3,080(tax in)

 




<9> イッツ・タイム / マックス・ローチ
It’s Time / Max Roach (A-16)


チャーリー・パーカー、バド・パウエル、クリフォード・ブラウンらと共演と重ねてきた大御所マックス・ローチが、ドラム・プレイのみならず作編曲でも本領を発揮した一枚。チャールス・ミンガスとの交友でも知られるクリフォード・ジョーダンや過小評価の逸材リチャード・ウィリアムスを含む彼のコンボと、コールリッジ・パーキンソン(ローチ・バンドのピアニストだったこともある)がディレクターを務める混声ワードレス・コーラスが一丸となって鮮烈な音響を提示する。「ロンサム・ラヴァー」で、アビー・リンカーン(本作録音の年にローチと結婚)のりりしい歌声に浸ることができるのもポイントだ。録音は当時のインパルスの常連エンジニアであるルディ・ヴァン・ゲルダーではなく、ジョージ・ピロスが担当。ちなみにパーキンソンは63年にドナルド・バードのブルーノート盤『ア・ニュー・パースペクティヴ』に協力、70年代にはマーヴィン・ゲイやリオン・ウェアの音作りにも携わった。
※創立60周年記念「インパルス・ザ・マスターワークス on UHQCD」にて再発売
2020.5.20 ON SALE  UCCI-9324  \1,980(tax in)

 




(次回更新は4月20日の予定です)



■リリース情報
創立60周年記念
インパルス・ザ・マスターワークス

シリーズ特設サイト: https://www.universal-music.co.jp/jazz/impulse-masterworks/
商品の予約・購入: https://store.universal-music.co.jp/feature/impulse-masterworks/

【ハイレゾCD (MQA+UHQCD仕様)】
全20タイトル 各\3,080(tax in) 生産限定盤

2020.3.18 ON SALE
1. バラード / ジョン・コルトレーン (UCCI-40001)
2. ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン (UCCI-40002)
3. デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン (UCCI-40003)
4. ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード / ジョン・コルトレーン (UCCI-40004)
5. インプレッションズ / ジョン・コルトレーン (UCCI-40005)
6. ブルースの真実 / オリヴァー・ネルソン (UCCI-40006)
7. クインテッセンス / クインシー・ジョーンズ (UCCI-40007)
8. アウト・オブ・ジ・アフタヌーン / ロイ・ヘインズ (UCCI-40008
9. アウト・オブ・ザ・クール / ギル・エヴァンス (UCCI-40009)
10. カンザス・シティ・セヴン / カウント・ベイシー (UCCI-40010)

2020.4.22 ON SALE
11. 至上の愛 / ジョン・コルトレーン (UCCI-40011)
12. クレッセント / ジョン・コルトレーン (UCCI-40012)
13. ライヴ・アット・バードランド / ジョン・コルトレーン (UCCI-40013)
14. セルフレスネス / ジョン・コルトレーン (UCCI-40014)
15. ザ・ロスト・アルバム / ジョン・コルトレーン (UCCI-40015)
16. バラードとブルースの夜 / マッコイ・タイナー (UCCI-40016)
17. ファイヴ・ミンガス / チャールス・ミンガス (UCCI-40017)
18. アルフィー / ソニー・ロリンズ (UCCI-40018)
19. リベレーション・ミュージック・オーケストラ / チャーリー・ヘイデン (UCCI-40019)
20. 生と死の幻想    / キース・ジャレット (UCCI-40020)

【UHQCD仕様)】
全40タイトル 各\1,980(tax in) 生産限定盤

2020.5.20 ON SALE
1. ザ・グレート・カイ&J.J. / J.J.ジョンソン&カイ・ウィンディング (UCCI-9321)
2. アフリカ・ブラス / ジョン・コルトレーン (UCCI-9322)
3. アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ (UCCI-9323)
4. イッツ・タイム / マックス・ローチ (UCCI-9324)
5. ザ・ソング・イズ・パリス / ジャッキー・パリス (UCCI-9325
6. 2 3 4 / シェリー・マン (UCCI-9326)
7. コルトレーン / ジョン・コルトレーン (UCCI-9327)
8. ジ・アーティストリー・オブ・フレディ・ハバード / フレディ・ハバード (UCCI-9328)
9. デサフィナード / コールマン・ホーキンス (UCCI-9329)
10. リーチング・フォース / マッコイ・タイナー (UCCI-9330)
11. ナウ! / ソニー・スティット (UCCI-9331)
12. ポイント・オブ・デパーチャー / ゲイリー・マクファーランド (UCCI-9332)
13. イルミネイション! / エルヴィン・ジョーンズ&ジミー・ギャリソン (UCCI-9333)
14. アイ・ジャスト・ドロップド・バイ・トゥ・セイ・ハロー / ジョニー・ハートマン (UCCI-9334)
15. ミンガス・プレイズ・ピアノ / チャールス・ミンガス (UCCI-9335)
16. ザ・グレイト / ロレツ・アレキサンドリア (UCCI-9336)
17. シー・ユー・アット・ザ・フェアー / ベン・ウェブスター (UCCI-9337)
18. ジャズ・ン・サンバ / ミルト・ジャクソン (UCCI-9338)
19. フォア・フォー・トレーン / アーチー・シェップ (UCCI-9339)
20. ユー・ベター・ノウ・イット!!! / ライオネル・ハンプトン (UCCI-9340)

2020.6.24 ON SALE
20タイトル発売予定