WHAT’S NEW

キース・ジャレットが自身の75歳の誕生日に未発表のトラック「アンサー・ミー」をリリース。名盤5作品も新たにDSD化で発売。


©Woong Chul An



ソロ・ピアノでのライヴ演奏の可能性、概念をも大きく変え、数々のソロ・ライヴ名盤を残してきたキース・ジャレットが自身の75歳の誕生日5月8日(金)に、未発表トラック「アンサー・ミー」をデジタル・リリースした。

本トラックは、2016年3月7日にハンガリー、ブダペストのベラ・バルトーク国立コンサート・ホールでのライヴ録音で、これまでも本楽曲は度々キース・ジャレットがコンサートで演奏してきたお気に入りのナンバーの一つだ。

生誕75周年を記念し、下記の名盤5作品もデジタル高音質配信(DSD化)され発売が決定している。
1976年11月に日本でソロ・ピアノ・コンサート・ツアーを行った際の5都市のパフォーマンスを収録し、'78年に10枚組LP仕様というレーベル史上最大級のセット・フォーマットでリリースされたソロ・ピアノ・ライヴ盤『サンベア・コンサート』"キース・ジャレット・スタンダーズ・トリオ"の原点というべきゲイリー・ピーコックのECM初リーダー作1977年作品『テイルズ・オブ・アナザー』、スタンダーズ・トリオのインプロヴィゼーション3曲のみで構成された1984年作品『チェンジズ』、ロマンチックな名演揃いの1985年作品『スタンダーズ Vol.2』、スタンダーズ・トリオの1985年の初のライヴ録音『星影のステラ―スタンダーズ・ライヴ』。

また、キース・ジャレットの75歳の誕生日を記念して、ご自身のお気に入りのプレイリストが簡単に作れるキース・ジャレット・プレイリスト・ジェネレーターも登場。こちらは好きな曲をクリックするだけで簡単にプレイリストが作ることのできるサイトとなっている。


■キース・ジャレット・プレイリスト・ジェネレーター
https://universalmusic.digital/communityplaylists/keith-jarrett/

■配信情報
Answer Me (Live in Budapest) - Single

https://jazz.lnk.to/Keith_Jarrett_amPR

■プレイリスト情報
キース・ジャレット『The Best Of Keith Jarrett』
https://ECM.lnk.to/KeithJarrett_75

■DSD作品情報
・キース・ジャレット『サンベア・コンサート』
e-onkyo: https://www.e-onkyo.com/music/album/uml00602507167493/
mora: https://mora.jp/package/43000006/00602507167493/
・ゲイリー・ピーコック『テイルズ・オブ・アナザー』
e-onkyo: https://www.e-onkyo.com/music/album/uml00602507167257/
mora: https://mora.jp/package/43000006/00602507167257/
・キース・ジャレット・スタンダーズ・トリオ『チェンジズ』
e-onkyo: https://www.e-onkyo.com/music/album/uml00602507167400/
mora: https://mora.jp/package/43000006/00602507167400/
・キース・ジャレット・スタンダーズ・トリオ『スタンダーズ Vol.2』
e-onkyo: https://www.e-onkyo.com/music/album/uml00602507167370/
mora: https://mora.jp/package/43000006/00602507167370/
・キース・ジャレット・スタンダーズ・トリオ『星影のステラ~スタンダーズ・ライヴ』
e-onkyo: https://www.e-onkyo.com/music/album/uml00602507167455/
mora: https://mora.jp/package/43000006/00602507167455/

(キース・ジャレット)
キース・ジャレットのECMディスコグラフィーは、ソロ・インプロヴィゼーション、デュエット、トリオ、カルテット、オリジナル・コンポジション、マルチ・インストゥルメンタルでのベンチャー、クラシック・レパートリーの傑作、グレート・アメリカン・ソングブックの幅広い探求などを網羅している。このようにして、数十年の間に膨大で広く評価された作品群が生まれ、その多様性は録音音楽の世界では全くユニークなものとなっている。ジャレットのECMとの関わりは、1971年11月、プロデューサーのマンフレート・アイヒャーとの間で、その後大きな影響力を持つことになるソロ・ピアノ・アルバム『フェイシング・ユー』 で初めてコラボレーションしたことに始まる。即興演奏家としてのキース・ジャレットの重要性はもはや強調する必要はないが、ニューヨーク・タイムズ紙のジョン・ロックウェルが言うように、彼は「第一級のクラシック・ピアニスト」でもある。"1980年代後半から、ジャレットは高い評価を得ている一連のクラシック録音をリリースすることでレパートリーを広げ、また多面的な作曲家として自作の作品も発表している。

■キース・ジャレット各種リンク
ユニバーサル ミュージック: https://www.universal-music.co.jp/keith-jarrett/
Facebook: https://www.facebook.com/keithjarrettsolo/