COLUMN/INTERVIEW

【インタビュー】4年ぶりの新アルバムをリリースするノラ・ジョーンズ 「これまでで一番クリエイティヴ」と彼女が語る理由とは?(前編)


Photo:Diane Russo


6月12日に約4年半ぶりのオリジナル・ソロ・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』をリリースするノラ・ジョーンズ。ピアノ・トリオを軸としたジャズに根付いたサウンドを広げながらも、彼女らしい、ジャンルに振り分けることができないユニークなメロディーと優しく切なくも、深く響く声が特徴的なアルバムだ。


タイトルは日本語で「私を引き起こして」という意味で、ノラ本人は、リリース発表時に「ここ数年、この国、この世界に生きてきて、どこかに “私を引き起こして” という感覚があるのだと思う。立ち上がり、この混乱から抜け出して、どうにかしたい、という思いが。」とコメントを出していた。2016年からしばらくの間、コラボレーション・シングルの連続リリースというプロジェクトを開始させ、アルバムを作ってツアーに出るという、いわばミュージシャンのルーティン・ワークに背を向けていた彼女だが、今回、アルバムをリリースするに至った理由は何だったのだろうか。

また、本来、このアルバムは5月8日にリリースされる予定だったが、新型コロナウイルスの影響を受けて、発売日が約一ヶ月延期となった。それを受けて、ノラ・ジョーンズは急遽アルバムに収録されている楽曲のシングル・リリースを行い、自宅からミニ・コンサートのライヴ配信を行った。アルバムでは、“人とのつながり”をテーマに孤独などの困難に直面しながらも乗り越えていこうとするストーリーが全曲を通して綴られており、今の世界と通ずるものがあると、彼女は語る。

2週に渡って掲載するノラ・ジョーンズへのインタビューの第一弾は、アルバムに込めた思いと、彼女のソング・ライティングへの思いを探る。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』は「私を引き起こして」という意味だと伺いました。今回のアルバムはどのような意図で制作されたのでしょうか。

― 実は特にアルバムを作ろうと思って作ったわけではないの。シングルのレコーディングを続けて、アルバムを作らない予定だった(笑)そうこうしているうちに、シングルのレコーディングの時にレコーディングした曲がいっぱいできあがっちゃって。そういった曲たちを聴いていたら、なぜだかすごく気に入って、曲にも結構まとまりがあることがわかったの。一緒に並べても違和感が全くなかった。聴いていくうちにテーマみたいなものも、自然とできあがっていったのだけれど、それぞれの曲に私が思っていることや考えていることを反映していたからやっぱり無意識に最初から一貫性はあったのかもしれないわね。今の社会に生きていて、どこかに抜け出したいと思うことは、みんな理由は違えどある気がしていて、そういう思いや、人と繋がることに思いを巡らせて歌詞を書いたわ。それをアルバムにしてみたかった。

アルバムを作っていた昨年は「今までで一番クリエイティヴだった」と伺いましたが、そう感じた理由があれば教えてください。

― 本当にかなり頻繁に色々な人とセッションとかをやってそう思ったんだと思う。そんな経験は初めてよ。毎回、違う人と音楽を作って、新しい薪を火の中に入れていくような感覚。そして、その火がだんだん大きくなっていくの。それが私にインスピレーションを与え続けてくれて、アルバムという形になったの。

私たちとしては、インスピレーションがアルバムという形になって、新しい音楽がまた聴けて嬉しい限りですが、 アルバムで音楽を発表することはやはり特別な意味があるのでしょうか。

― あんまりそういう風には考えないようにしているんだけど、このアルバムは、とてもパーソナルな曲が多くて、憂いや孤独に溢れていて、今、私達が直面していることを考えるととても不思議な感じがするわよね。うん、今までとは確実に違うサウンドになっていて、結構気に入っているわ。独自の方向性を持っているアルバムだと思う。

パーソナルとは具体的にどういったことを指すのでしょうか。曲たちを繋ぎ合わせたテーマについて詳しく聞かせてください。

― 多くの曲はとても個人的な体験を書いた曲なのだけれど、同時に、世の中で起こっていることにインスピレーションを受けて書いた曲でもある。ものごとをとても個人的に受け止めたりもしているけど、視点としては、自分のこと、子供達のこと、家族のこと、他の人達のことや、人間のこと全般的に考えたりしながら、書いた作品。みんな人間であり、いろいろなことを経験する。みんな波があり、いいときもあれば悪いときもある。そういうものよね。そういったいろいろな事柄を曲にしたかったの。



失恋など困難に直面している曲がありますが、その時の気分や実体験が歌詞に反映されることはありますか?

― もちろんよ。多くの人達はそうやって曲を書くと思うの。事実を誇張させたりすることもあるけど、周りの人達が体験していることを歌にしたり。

具体的に今回のアルバムで自分の気分を直接的に反映した曲があれば教えてください。

― それは教えられないわね(笑)でも、不思議なことは、この前あるジャーナリストと話しをしていて、その人とも曲について話していたの。その人もこれらの曲はとてもパーソナルな曲に感じられる、と言っていて。実は他のアルバムや曲を時に書いた曲ほど個人的じゃないものもいっぱいあるのよね。でも、他の人がそう感じてくれる予想が付かないミステリアスな部分も結構好きで、パーソナルなものかそうじゃないかは、聴き手の想像に任せたいと思う。みんなそれぞれの共感の仕方があると思うのね。

聴いていて自分の体験に重なる曲があったりすると、面白いですよね。ちなみに、歌詞はどういったときに思い浮かぶのでしょうか?

― どの曲もそれぞれのプロセスがあるの。でも、今まで音楽がついていない詩を書いたことなんてなくて、今回はじめての経験だった。詩が先にできて、後になって、音楽をつけたのよね。ものによっては、普通通りの作曲で生まれた曲もある。一つのフレーズが浮かんできて、メロディーラインが浮かび、後でコードをつけていったりね。

アルバム作成ではなく、コラボレーション・シングルの連続リリースというプロジェクトをやってみて、心境に変化はありましたか?

― もちろん。他の人とコラボレーションをする時って、常に心境の変化はあるわ。一ヶ月とか、二ヶ月おきに、数日間いろいろな人達とスタジオに入っていただけれど、やるたびにあらゆるインスピレーションをもらっていたから。それって、常に新しい薪を火の中に入れていくような感覚。普段の時よりも、作品の仕上がりも早いし、新しい発見もいっぱいあるわ。もともと、アルバムを出すつもりはなかったのに、自然につながりがある音楽を作っていたりね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アルバムや曲作りに関して、多くを語ってくれたノラ・ジョーンズ。次週はコラボレーションが生まれる過程や、彼女のインスピレーションになっている物や人、アーティストとしての彼女の新しい挑戦を掘り下げる。

先行配信となったアルバム収録曲や過去の代表作を自宅で聴くことができるプレイリスト「癒しのノラ・ジョーンズ」も公開中。

「癒しのノラ・ジョーンズ」プレイリスト
https://jazz.lnk.to/norah_pli

「ミニ・コンサート・ライブ・イン・ザ・ホーム」 アーカイブ(YouTubeプレイリスト)
https://www.youtube.com/channel/UCuZjZJufEJ1iIZhbJGiAjHA


【リリース詳細】
ノラ・ジョーンズ「トライン・トゥ・キープ・イット・トゥギャザー」
デジタル配信中
https://norahjones.lnk.to/cT6kw

ノラ・ジョーンズ『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』

発売日:2020年6月12日(金)
通常版: ¥2,860 (税込) UCCQ-1125 
初回限定盤: ¥3,630(税込)  UCCQ-9571
https://norahjones.lnk.to/PickMePR

【収録曲】
01. ハウ・アイ・ウィープ / How I Weep
02. フレイム・ツイン / Flame Twin
03. ハーツ・トゥ・ビー・アローン / Hurts To Be Alone
04. ハートブロークン、デイ・アフター / Heartbroken, Day After
05. セイ・ノー・モア / Say No More
06. ディス・ライフ/ This Life
07. トゥ・リヴ / To Live
08. アイム・アライヴ / I'm Alive
09. ウァー・ユー・ウォッチング? / Were You Watching?
10. スタンブル・オン・マイ・ウェイ / Stumble On My Way
11. ヘヴン・アバヴ / Heaven Above
12. ストリート・ストレンジャー / Street Stranger *ボーナス・トラック
13. トライン・トゥ・キープ・イット・トゥギャザー
/ Tryin‘ To Keep It Together *ボーナス・トラック

【初回限定盤DVD】
「アイム・アライヴ」ミュージック・ビデオ
「アイム・アライヴ」日本語リリック・ビデオ(歌詞対訳:川上未映子)
「ビギン・アゲイン」リリック・ビデオ
「フリップサイド」ミュージック・ビデオ

【初回限定盤 封入特典】
別冊スコア・ブックレット 3曲分
「アイム・アライヴ」
「フレイム・ツイン」
「ハーツ・トゥ・ビー・アローン」

■リンク
・Universal Music: https://norahjones.jp/
・Twitter: https://twitter.com/NorahJones
・Instagram: https://www.instagram.com/norahjones/
・Facebook: https://www.facebook.com/norahjones