WHAT’S NEW

メロディ・ガルドー、世界中のリモート参加ミュージシャンと作り上げた新曲『フロム・パリ・ウィズ・ラヴ』シングルリリース&ミュージックビデオ公開、収益の一部はヘルスケア・ワーカーに寄付


 仏在住のアメリカ人ジャズ・シンガー、メロディ・ガルドーが新曲『フロム・パリ・ウィズ・ラヴ』を急遽デジタルシングルとしてリリースした。これはヘルスケア・ワーカー支援のため、ガルドー自身が先月世界中のミュージシャンに呼び掛けたリモート参加でのレコーディングにより作り上げられたもので、収益の一部は慈善団体に寄付される。この呼び掛けに応じたミュージシャンは400人を超え、最終的に集まったおよそ1,000の応募の中から選び抜かれた16か国のプレイヤーがプロジェクトに参加。日本からはジャズ・ヴァイオリンの第一人者である寺井尚子がレコーディングに参加している。
 楽曲はガルドーが「いつかすぐあなたに会えるわ」とコロナ禍での希望を語りかけ、プロデューサーのラリー・クライン(ジョニ・ミッチェル、ハービー・ハンコック)、指揮者・アレンジャー・作曲家のヴィンス・メンドーサ(ビョーク、エルビス・コステロ)といったグラミー賞受賞チームによりオーケストレーションされた美しいトラックとなった。
 ガルドーは今作について、「今回のプロジェクトは、音楽が国境を超えるということを体現していると言えます。今この世界で起こっていることに対峙するためには、愛で皆が繋がることが必要です。世界中から様々な才能が集い、このユニークな作品を創り上げられたことをとても幸せに思います」と語っている。

 



 また、同楽曲のミュージックビデオは6月19日の21:00よりプレミア公開される。こちらは世界中の人々からエントリーを募ったメッセージと映像を使用した、今回のプロジェクトを象徴する内容となっている。
 このビデオについてガルドーは、「このビデオはデジタルのポストカードのようなもので、現在行動を制限されている世界中の人々やミュージシャンによって作り上げられたものです。この状況の中で希望を必要としている場所にこのメッセージが届き、世界中の人々が愛で繋がれることを願っています。このプロジェクトに参加してくれた皆に感謝したいと思います」とコメントしている。

 2015年の『カレンシー・オブ・マン~出逢いの記憶~』以来、ライブ盤の発表を挟んで実に5年振りの新曲リリースとなったメロディ・ガルドー。今後の展開にも期待がかかるところだ。


■シングル情報

メロディ・ガルドー / フロム・パリ・ウィズ・ラヴ
https://melodygardot.lnk.to/FromParisWithLovePR
『フロム・パリ・ウィズ・ラヴ』ミュージックビデオ
https://youtu.be/RCckn1H5DIE

■メロディ・ガルドー各種リンク
ユニバーサル・ミュージック: https://www.universal-music.co.jp/melody-gardot/
本国公式サイト: https://melodygardot.co.uk/
Twitter: https://twitter.com/mgardot
Facebook: https://www.facebook.com/melodygardot
Instagram: https://www.instagram.com/melodygardotofficial/
YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/user/MelodyGardotVEVO