WHAT’S NEW

音楽の火を消さないために、ミュージシャンがすべきことー『ブルーノート・リイマジンド』から垣間見るUKジャズ・シーンの現在と未来 (後編)



(通訳:丸山京子)

10月2日に日本先行でリリースされたコンピレーション・アルバム『ブルーノート・リイマジンド』。新世代の歌姫ジョルジャ・スミスの参加や、日本人アーティスト史上初のデッカ・レコードからのリリースを果たしたKan Sanoによる「シンク・トゥワイス」が話題の本作では、クリエイティヴィティをいかんなく発揮し独自の道を歩む現在のUKジャズ・シーンが色濃く反映されている。ジャズのみならずカリブ音楽、ヒップホップ、ブロークン・ビーツなど様々なジャンルが交じり合うユニークな音楽を繰り広げるUKジャズ・ミュージシャンに、ブルーノートというジャズのフラッグシップ・レーベルが与えた影響とはどのようなものなのか。また、コンサートや対面でのレコーディングが難しくなっている昨今の状況において、音楽の火を消さないためにミュージシャンたちは何を考えているのか。
今回は、2回にわたりお送りする「音楽の火を消さないために、ミュージシャンがすべきことー『ブルーノート・リイマジンド』から垣間見るUKジャズ・シーンの現在と未来」という記事の後編として、『ソース』でコンコードからセンセーショナルなデビューを飾った大注目のサックス奏者、ヌバイア・ガルシアにインタビューを敢行。最近NPRの「タイニー・デスク・(ホーム)コンサート」にも出演を果たした彼女が、自身が影響を受けたブルーノートの音楽や、UKジャズ・シーンの現在についてなどをリリース前のタイミングで語ってくれた。

 

(ヌバイア・ガルシア NPR「タイニー・デスク・(ホーム)コンサート」)


Q: まず今回の『ブルーノート・リイマジンド』に参加することになった経緯を教えて下さい。
N: 経緯はわからないわ。オファーがあったのよ。ちょうどタイミング良く、自分のアルバムも書き終わっていたときにね。とにかくこんな名誉な話はないわ。後世に残る一枚だって思えるし、ブルーノートなんだもの。コンコード〜プレスティッジと並んで、ブルーノートは一番聴いたレーベルよ。どれほど名盤がたくさんあることか。そのブルーノートのアルバムに自分の曲が入ることもだし、アルバムがコンコードから出るっていうのも、今だに実感ないの。現実じゃないみたい。リリースされたら、少しは頭でも理解できるんだろうけど、いまはまだリリース前だから、なんだか変な気分よ。とにかくありがたいわ。

Q: ジョー・ヘンダーソンの“ア・シェイド・オブ・ジェイド”をカヴァーしていますが、それはどうして?
N: 正直言うと、なぜ『モード・フォー・ジョー』(「ア・シェイド・オブ・ジェイド」を収録しているジョー・ヘンダーソン代表作の一つ)を持っていたか、どこで見つけたのかは覚えていないんだけど、アルバムの中でも「ア・シェイド・オブ・ジェイド」は聴き倒した1曲なの。あんなアレンジはそれまで聴いたことがなかったし、インストゥルメンテーションも素晴らしかった。

 

 

(ジョー・ヘンダーソン / ア・シェイド・オブ・ジェイド)


N: (ブルーノートの)話が決まり、「なんの曲をやろう、どうしよう、どうしよう」と曲を聴き返しては悩み、結局「ア・シェイド・オブ・ジェイド」をどうしてもやりたい!と思ったの。昔、ライヴでやったことはあったわ(2nd EPリリース記念のギグで、自分の曲以外にジョー・ヘンダーソンの曲を何曲か演奏)。実は吹くのがすごく難しい曲なのよ、あれは。でもだからこそ、昔から聴くのもだけど、演奏するのが大好きな曲だったの。それでよ。
Q: 今のロンドンの音楽シーンはどんな感じですか?

N: 今のロンドンのシーンからはとても刺激を受けるわ。コミュニティにいる人間はみんなーー大勢の友人たち、まだ会っていない人も含めてーーすごく自信に満ちているの。自分たちの書いている曲に関しても。本当に自分のやりたいことをやっている。自分だけのサウンドを見つけることに対して、コミュニティ自体が背中を押してくれるところがあって、そこが私はとても気に入ってるわ。だから「ロンドンのサウンドを一言で言うと?」と聞かれても、一言じゃ言い表せないのよ。だって、たくさんのミュージシャン、バンドがいて、音楽のスタイルも様々なんだもの。それが人種のるつぼのように混じり合っているのが今のロンドンのシーンよ。そういった多様性(diversity)があるのが強み。


(ヌバイア・ガルシア / ソース。従来のジャズの枠に囚われず、レゲエ等の音楽の影響も色濃く感じるサウンドを展開している。)


N: 私の両親の世代は、それぞれのルーツである文化を別の土地に持ってきた、という世代だったけど、私たちの世代は生まれた時から、いろんな文化や音楽スタイルが混じり合っている世界にいた。それが私たちのプラスになったんだと思うわ。そこからたくさんのインスピレーションを引き出すことができるし、今ロンドンから生まれているサウンドはどれも本当に面白いと思う。ロンドンに限らず、UK全土から面白いものはいっぱい生まれてると思う。どうしてもロンドン中心に捉えられがちだけど。DJも含めてね。これからもどんどん面白くなっていくんじゃないかと思うわ。
Q: どうもありがとうございました。


【リリース情報】

『ブルーノート・リイマジンド』
2020年10月2日発売 UCCM-1258/9 ¥3,300(tax in)
解説:柳樂光隆 (Jazz The New Chapter)
日本公式HP:https://www.universal-music.co.jp/blue-note-reimagined 
Instagram:https://www.instagram.com/bluenotereimagined/

収録曲:
Disc 1
01. ローズ・ルージュ / ジョルジャ・スミス
02. フットプリンツ / エズラ・コレクティヴ
03. ウォーターメロン・マン (アンダー・ザ・サン) / ポピー・アジュダ
04. ウィンド・パレード / ジョーダン・ラカイ
05. イリュージョン(シリー・アパリション) / スキニー・ペレンベ
06. ギャラクシー / アルファ・ミスト
07. サーチ・フォー・ピース / イシュマエル・アンサンブル
08. ア・シェイド・オブ・ジェイド / ヌバイア・ガルシア
Disc 2
01. エトセトラ / スチーム・ダウン (ft. アフロナウト・ズー)
02. モンタラ / ブルー・ラブ・ビーツ
03. アイル・ネヴァー・ストップ・ラヴィング・ユー / ヤスン・レイシー
04. アルマゲドン / フィア
05. 処女航海 / ミスター・ジュークス
06. プリンツ・タイ / シャバカ・ハッチングス
07. カリビアン・ファイア・ダンス / メルト・ユアセルフ・ダウン
08. スピーク・ノー・イーヴル (ナイト・ドリーマー) / エマ=ジーン・サックレイ
09. シンク・トゥワイス / Kan Sano (日本盤限定ボーナス・トラック)

【ヌバイア・ガルシア リンク情報】
公式HP//www.nubyagarcia.com/
Twitter// twitter.com/nubya_garcia
Facebook//www.facebook.com/nubyagarciamusic/
Instagram//www.instagram.com/nubya_garcia/
YouTube//www.youtube.com/c/NubyaGarciaMusic/featured