PICK UP

朝まで聴き入りたい ノラ・ジョーンズがコロナ渦を生きるすべての人に贈るデラックス・エディションをリリース

(文:内本順一)


©Diane Russo


 ノラ・ジョーンズが今年6月に発表した7枚目のオリジナル・フルアルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』。そのデジタル・デラックスが10月16日にリリースされた。ブルーノートはこれまでもノラのアルバム発表から数ヵ月後にさまざまな曲を加えたデラックス盤を必ず出していたが、今回は(今のところ)フィジカルはなくデジタルのみ。だがオリジナル盤に収録されていた13曲(11曲+ボーナス・トラック2曲)に加えて、3月からノラが続けている自宅配信で披露された曲からの選りすぐり17曲も付くという、まさにデラックスな内容で、デジタル・リリースの利点をしっかり活かしたものだと言える。

「トゥ・リヴ」



 まずは『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』というアルバムが誕生した背景について、改めて記しておこう。ノラがジャズとピアノに回帰した6枚目のオリジナル作『デイ・ブレイクス』を発表したのは2016年10月。それは彼女の最高傑作と言っていいほどにクオリティの極めて高い作品だったわけだが、それ故にノラは同じ方法論でそれを超えるものを作ろうという意欲が湧かないでいたのだろう。「しばらくアルバムを作る気持ちになれなかった」と彼女は言っていた。だから、できた曲から気軽に配信していく#songofthemomentというシリーズを始めたわけだ。「ジャンルの境界線を持たずに曲を作り、作ったらすぐに出す」というコンセプトのそのシリーズは、やがて『ビギン・アゲイン』(2019年4月リリース)というミニアルバム的な作品にまとまった。

 その後もノラはタンク・アンド・ザ・バンガスのタリオナ“タンク”ボールをフィーチャーした曲やメイヴィス・ステイプルズとコラボした曲などを次々に配信リリース。こうした気軽な発表の仕方は彼女に合っているように思えたし、間違いなく彼女も気に入っていたはずだ。が、そうやって自由に曲を作って録音していくなかで、また別の現象も起きていた。誰かとセッションするなどして試してみたものの完成して配信するまでには至らかなかった曲たち……即ちアウトテイクが、ノラに何かを語り掛け、立ち上がり、そして繋がりを見せ始めたのだ。「あるとき、気づいたの。これらの曲には不思議と一貫した特色があるんじゃないかって」と、ノラ。そうしてそれらの曲を整理~再構築し、『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』というフルアルバムが出来上がった。ノラの言う「一貫した特色」。それを言葉にするなら、いまの世界の混沌した様とそれによる不安や絶望的な気分、「私を床から引き起こして」という感覚ということになるだろう。

「アイム・アライヴ」



 「失ったもののために泣いている」「地球は回らないし、勝てそうもないね」(「ハウ・アイ・ウィープ」)。「ひとりでいるのはつらい すごくつらいこと」(「ハーツ・トゥ・ビー・アローン」)。「深く傷ついた次の日は、世界がだめになっていく 向き合うのはつらいことだね」(「ハートブロークン、デイ・アフター」)。「私たちが知ってるこの人生、このすべて、それは全部終わる」(「ディス・ライフ」)。確かに一貫したトーンがある。これらの曲は昨年や一昨年、あるいはもう少し前に書かれた曲だったが、こうした失意と悲嘆のフレーズが、コロナ禍の世界に恐ろしくリアルかつ痛切に響いてきた。ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア=私を床から引き起こして。それはまさにコロナ禍においての我々の気分そのものだった。

 当のノラはといえば、ウイルスが蔓延し、人々が家から外に出られなくなった頃から、「少しでも安らぎを届けたい」という気持ちで自宅からの弾き語り配信を始めた。「この奇妙な時代に、あなたが無事であることを祈っています」「昨日、気分がよくなる曲を聴きました。ずっとカヴァーしたいと思っていたので、試してみました」。そんなメッセージに#livefromhome #stayhomeといったハッシュタグを付け、ガンズ・アンド・ローゼズのスロー曲「ペイシェンス」(=忍耐)をピアノで弾いて歌った映像と共にSNSに投稿したのは3月20日(米ニューヨーク州で屋内避難勧告が出ていたとき)のことだ。そしてロックダウンに至った以降、ノラは自宅からのライブ・ストリーミングを頻繁に行なうようになった。数週間毎ではなく、ある時期は数日おき。まるで農家のおばさんが採れたての野菜をすぐ送ってくれるように、ノラは音楽を届けてくれていたのだ。勿体付けない。自分がやれるのは、届けられるのは、音楽であって、何しろそれが好きでもあるのだからそれをやる。そういう姿勢は昔から一貫していて、それがノラ・ジョーンズというミュージシャンなのである。

「フレイム・ツイン」



 亡き父親ラヴィ・シャンカールの誕生日には、ラヴィ作曲の「アイ・アム・ミッシング・ユー」をピアノで弾き語って配信。フォークカントリーのシンガー・ソングライター、ジョン・プラインがコロナウイルスによる合併症で4月に亡くなったときには、彼の「ザッツ・ザ・ウェイ・ザ・ワールド・ゴーズ・ラウンド」をギターで弾き語って配信。ミネアポリスでジョージ・フロイド死亡事件が起きた翌週には、「私は今日の音楽をジョージ・フロイドさんの家族と、権力者の手によって不当に亡くなった人々の家族全員に捧げます」と添えてデューク・エリントンの「アフリカの花」などをパフォーマンスした映像をアップ。そのようにしてこの数ヵ月の間に彼女が届けてくれた曲の数は相当のものになるわけだが、そのなかから17曲を選び、ちゃんとマスタリングして収めたのがこのデジタル・デラックスの『Live From Home』だ。

 前述のガンズ・アンド・ローゼズ「ペイシェンス」、ラヴィ・シャンカール作曲の「アイ・アム・ミッシング・ユー」、ジョン・プラインの「ザッツ・ザ・ウェイ・ザ・ワールド・ゴーズ・ラウンド」、俳優としてもよく知られるクリス・クリストファーソンの曲で、カントリーのレイ・プライスやウィリー・ネルソンも録音した「心の想い出(フォー・ザ・グッド・タイムス)」(この曲はリトル・ウィリーズの同タイトル作でもノラは取り上げていた)。こうした曲に加え、自身の過去作のセルフカヴァーもある。プスンブーツのメンバーで親友でもあるサーシャ・ダブソンと一緒に演奏した曲も2曲あり、「シンキン・スーン」などはかなりいい味を出している。「ライト・ウィンド・ブローウィング」は新曲なので、特に注目だ。

「トライン・トゥ・キープ・イット・トゥギャザー」



 尚、オリジナルの『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』国内盤には「ストリート・ストレンジャー」と「トライン・トゥ・キープ・イット・トゥギャザー」の2曲がボーナス・トラックとして収録されていたが、このデジタル・デラックスは「ストリート・ストレンジャー」が「アイル・ビー・ゴーン」(メイヴィス・ステイプルズをフィーチャーして昨年10月に配信リリースされたシングル曲)に差し替えられている。名バラードなので、これも嬉しい。

 基本的にシンプルな弾き語り。でありながらも、味わいは豊か。そんなノラの真骨頂が感じられるこの『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア デジタル・デラックス』。色のついた写真も美しく、夜から朝にかけて聴き入りたい。

 

(内本順一)
 


■リリース詳細
ノラ・ジョーンズ『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア デジタル・デラックス・エディション』

好評配信中
https://NorahJones.lnk.to/PMUOTFDeluxePR

【収録曲】
スタンダード・アルバム・トラック Standard Album Tracks:
01. ハウ・アイ・ウィープ / How I Weep
02. フレイム・ツイン / Flame Twin
03. ハーツ・トゥ・ビー・アローン / Hurts To Be Alone
04. ハートブロークン、デイ・アフター / Heartbroken, Day After
05. セイ・ノー・モア / Say No More
06. ディス・ライフ / This Life
07. トゥ・リヴ / To Live
08. アイム・アライヴ / I'm Alive
09. ウァー・ユー・ウォッチング? / Were You Watching?
10. スタンブル・オン・マイ・ウェイ / Stumble On My Way
11. ヘヴン・アバヴ / Heaven Above

ボーナス・トラック Bonus Tracks:
12. アイル・ビー・ゴーン / I’ll Be Gone
13. トライン・トゥ・キープ・イット・トゥギャザー / Tryin‘ To Keep It Together 

ライヴ・フロム・ホーム Live From Home:
14. ライト・ウィンド・ブローウィング/ Light Wind Blowing
15. ナイチンゲール/ Nightingale
16. ザッツ・ザ・ウェイ・ザ・ワールド・ゴーズ・ラウンド / That’s The Way The World Goes Round
17. イッツ・ゴナ・ビー / It’s Gonna Be
18. アイ・アム・ミッシング・ユー / I Am Missing You
19. トゥ・リヴ / To Live
20. ハーツ・トゥ・ビー・アローン / Hurts To Be Alone
21. ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン / How Deep Is The Ocean
22. シンキン・スーン(ウィズ・サーシャ・ダブソン) /  Sinkin’ Soon (with Sasha Dobson)
23. ユー・ドント・ノウ(ウィズ・サーシャ・ダブソン) / You Don’t Know (with Sasha Dobson)
24. ペイシェンス / Patience
25. アイム・アライヴ / I’m Alive
26. カーニヴァル・タウン / Carnival Town
27. ウェイク・ミー・アップ / Wake Me Up
28. トライン・トゥ・キープ・イット・トゥギャザー / Tryin’ To Keep It Together
29. ビギン・アゲイン / Begin Again
30. 心の想い出 / For The Good Times

関連リンク
・Universal Music: https://norahjones.jp
・Twitter: https://twitter.com/NorahJones
・Instagram: https://www.instagram.com/norahjones
・Facebook: https://www.facebook.com/norahjones