NEWS

ゴーゴー・ペンギン、ロンドンのアビイ・ロード・スタジオで録音されたライヴEP『Live from Studio 2』を11月27日に急遽デジタル・リリース、先行トラック「Petit_a」が配信スタート、ライヴ映像も公開。

©Jon Shard



ゴーゴー・ペンギンは「英国ジャズ界のレディオヘッド」と称されているが、Aphex TwinやFour Tetのような複雑さに加えて、ロック、ジャズ、ミニマリズムの影響も受けており、パンチの効いた、実験的でありながらも常に美しい音楽を生み出している。
そんな彼らがアビイ・ロード・スタジオで録音されたライヴEP『Live from Studio 2』を11月27日にデジタル・リリースすることを発表、先行トラック「Petit_a」がリリースされ、ライヴ映像も公開となった。

GoGo Penguin - Petit_a (Live from Studio 2)



10月30日に、ロンドンのアビイ・ロード・スタジオにある伝説的なスタジオ2で撮影されたヴァーチャル・コンサート「GoGo Penguin Live from Studio 2」をライヴ配信した。ザ・ビートルズが選んだスタジオとして世界的に有名なスタジオ2は、ユニークな空間であり、神話であり、神聖な空間であり、素晴らしい音響に恵まれており、バンドにとっては、ライヴ・コンサートの映像を撮影するのに最適な場所だった。

ベーシストのニック・ブラッカが説明する。「誰もいない会場でライヴをしたくなかったんだ。何となく、誰もいない部屋でコンサートのエネルギーを作り出そうとするのは変な感じがしたのだけど、2015年にスタジオ2でEPを録音したことがあって、その空間を気に入っていたから、ここでライヴを撮影するのは理にかなっていたんだ」

ピアニストのクリス・イリングワースも同意している。「ここは本当に特別な空間。ぼくたちが興奮して仕事ができるような親密な場所でライヴ・コンサートで得られる興奮感に近づくことのできる場所を探していたんだ」。

ドラマーのロブ・ターナーにとっては、部屋の音が全てだという。「ぼくたちが演奏するとき、常にお互いに反応しているが、観客にも反応する。スタジオ2には、そこで演奏してきた素晴らしい音楽やミュージシャンたちの亡霊が宿っている。あの場所自体が雰囲気を持っているんだ。 ぼくたちの前にどれだけ多くのことが起こり、ぼくたちの後にどれだけ多くのことが起こり続けるのか、時間の広がりを本当に感じることができる場所なんだ」。

このヴァーチャル・コンサートはもともとはライヴ・イベントのみを目的としたものだったのだが、バンドはスタジオ 2でのレコーディングからインスピレーションを得て、常連プロデューサーのジョー・ライザーが監修したパフォーマンスとサウンドにとても満足しできたため、コンサートから7曲を選んでデジタル・オンリーのEPとしてリリースすることになったという。本日先行配信された1stシングルの「Petit_a」は、今年リリースされた最新アルバム『ゴーゴー・ペンギン』の日本盤のみのボーナス・トラックとしてリリースされたものだが、バンドのお気に入りであり、ライヴで演奏することを特に楽しみにしていた曲だという。

この曲を含め『Live from Studio 2』は、世界で最も象徴的なスタジオの一つで演奏された素晴らしいバンドのライヴのサウンドを収録している音楽ファン必聴の作品だ。


■作品情報
GoGo Penguin / Live From Studio 2
ゴーゴー・ペンギン/ライヴ・フロム・スタジオ 2

※リンクファイアお願いいたします

■動画
GoGo Penguin - Petit_a (Live from Studio 2)
https://www.youtube.com/watch?v=HwpOiqt7n3k

■最新アルバム
ゴーゴー・ペンギン『ゴーゴー・ペンギン』
GOGO PENGUIN/ GOGO PENGUIN
発売中
https://lnk.to/GoGoPenguin

■ゴーゴー・ペンギン各種リンク
ユニバーサル ミュージック
https://www.universal-music.co.jp/gogo-penguin/
本国公式サイト
http://gogopenguin.co.uk/
Twitter
https://twitter.com/GoGo_Penguin
Facebook
https://www.facebook.com/Gogopenguin
Instagram
https://www.instagram.com/GoGo_Penguin/
YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCyH8GhEYRPgn4S2d__7kfiQ



(バイオグラフィー)
2009年イギリスのマンチェスターで結成。
地元のクラブを中心にLIVE活動をスタートさせ、2012年マンチェスターのインディーズ・レーベル、ゴンドワナ・レコーズよりアルバム『FANFARES』をリリース。
同年、ロンドンのDJジャイルス・ピーターソンの番組でベスト・ジャズ・アルバムとして紹介され、ジャイルスのコンピレーションにも収録され話題に。
オリジナル・メンバー、ピアノのクリス・イリングワースとドラムスのロブ・ターナーに2013年初旬にニュー・ベーシスト、ニック・ブラッカが加わり現在のメンバーとなリ、2014年に2枚目のアルバム『V2.0』をリリース。2014年度のイギリスの権威ある音楽賞マーキュリー・プライズに、ブラーのデーモン・アルバーンのソロ・アルバムなどとともに『V2.0』がノミネートされ、世界中から一気に注目を浴びる。
Blue Noteの社長であるドン・ウォズも『V2.0』を聴いて即時に気に入り、僅か2日後にハンブルグのウーバー・ジャズ・フェスティバルを観に飛び立ち、その圧倒的ライヴ・パフォーマンスを目の当たりにしたことをきっかけに、2015年春、ついにBlue Noteと複数枚契約を結ぶ。2016年1月にBlue Note第一弾『マン・メイド・オブジェクト』、2018年には第二弾『ア・ハムドラム・スター』をリリース。
ジャズをベースにしながらもラフマニノフ、ドビュッシー、ショパンなどのクラシックや、ブライアン・イーノ、ジョン・ケージなどの現代音楽、さらにエイフェックス・ツイン、ジョン・ホプキンス、アンダーワールドほか、テクノ、ドラムンベース、エレクトロニカ、ポストロック、ダブステップなどのダンス・ミュージックからも強い影響を受けており、エレクトロニック・ミュージック・シーンが浸透しているイギリスならではの「踊れるジャズ」をアコースティック楽器でプレイするバンド・スタイルは、“アコースティック・エレクトロニカ・トリオ”と世界が賞賛する話題のバンド。
2016年にはコーチェラ・フェスティバル、2017年にはSXSWに唯一の「ジャズ」アクトとして出演、2018年にはボナルー、日本のASAGIRI JAMにも出演。2020年 FUJI ROCK FESTIVAL ‘20での初登場を楽しみにしていた。