WHAT’S NEW

現代テナー・サックス界の最高峰に立つジョー・ロヴァーノ、トリオ・タペストリーの新作『Garden of Expression』から先行トラック「Chapel Song」をリリース




現代テナー・サックス界の最高峰に立つジョー・ロヴァーノが、2019年にジャズ・ファンの間で話題となったアルバム『Trio Tapestry』でデビューしたトリオの2作目『Garden of Expression』を1月29日にリリースすることを発表、先行トラック「Chapel Song」の配信がスタートした。

ジョー・ロヴァーノはエルヴィン・ジョーンズに認められ、‘76年にニューヨークに進出し、ウディ・ハーマン・オーケストラ、メル・ルイス・ジャズ・オーケストラ、ポール・モチアン・グループなどで演奏し高い評価を得、1990年にブルーノートと契約し数々のリーダー作を発表し、現代テナー・サックスの王者として君臨し続けてきたが、彼は2019年にマリリン・クリスペル(p)、カルメン・カスタルディ(ds)とのトリオで2019年にデビュー・アルバム『Trio Tapestry』をECMからリリース、各ジャズ評で絶賛を受けた。
そしてそのトリオの2枚目となるのが今作『Garden of Expression』。更にレベルが引き上げられ、その強烈な集中力が際立つ録音となっている。モダン・ジャズの歴史を超えて活躍するサックス奏者であるロヴァーノは、トリオ・タペストリーの中で並外れた感性で演奏している。彼がこのグループのために作曲した音楽は、優しくメロディックであったりコントラミックであったり、和声的にオープンでリズム的に自由であったり、精神的なものであったりと、彼の創造的なパートナーの微妙で差別化された反応を促しており、ロヴァーノは彼らの交流を「魔法のような」と表現している。カルメン・カスタルディの空間を意識したドラミングのアプローチは、彼とロヴァーノが1970年代初頭から共有してきた即興的な理解をさらに洗練させている。このトリオは、マリリン・クリスペルのソロ、カウンター・メロディ、即興的な装飾のためのインスピレーションの文脈でもあり、彼女の音色に対する感覚は、このグループの室内楽の特徴を開花させるのに役立っている。

トリオ・タペストリーの新鮮な音楽は、長い友情とコラボレーションの歴史の上に描かれている。ロヴァーノとクリスペルは、クリスペルがアンソニー・ブラクストンのグループと共演していた1980年代半ばに出会った。ロヴァーノはニューヨークのヴィレッジ・ヴァンガードでポール・モチアン、マーク・ヘリアスとマリリンのトリオでジャムをした後、カルテットとしてコンサートを行うようになり、さらなる発展の可能性は、ロヴァーノとクリスペルの両者にとって明らかだった。一方、カルメン・カスタルディとの関係は、クリーブランドでの10代の頃にさかのぼる。「カルメンは私の最も古くて親しい友人の一人です。一緒に育ちました。一緒にバンドをやっていたし バークリーにも行っていましたし多くの音楽経験を共有していたのです」とコメント。 1972年にボストンで開催されたジャズ・ワークショップでキース・ジャレットのバンドをデューイ・レッドマン、チャーリー・ヘイデン、ポール・モチアンと一緒に聴いたことは、2人のミュージシャンにとって強力で形成的な影響を与えた。「そのカルテットと一緒に部屋にいたことは、私たちにとって多くの扉を開き、創造的な音楽に自信を与えてくれました」。
3人がついにトリオとして結成されたとき、彼らは完全に即興の音楽を演奏した。ロヴァーノはECMからのリリースのきっかけを次のようにコメントしている。「私たちの最初のコンサートは、テーマも曲もないものだったのですが、どうやって一緒に演奏するかを模索していました。そのテープをマンフレッド・アイヒャーに送ったところ、彼はとても励ましてくれました」。

『Garden of Expression』は、全曲ロヴァーノのオリジナルで構成されている。2019年の夏をダイアナ・クラールとのツアーで過ごしたが、毎晩のように "East of the Sun "を演奏したことからインスパイアされた"West of the Moon"をはじめ、新曲の多くは旅先で書いたものだという。また、無宗派のスピリチュアル・アルバムとしても聴くことができる。静かな "Chapel Song”から始まり、ロヴァーノがウィーンの教会でオルガンの遠音を聴きながら経験したことを振り返る。それは、コルトレーンのバラードのような憧れを感じさせる "Sacred Chant "を経て、ゴングがトリオを集中した瞑想に誘う"Zen Like "で締めくくられる。



■作品情報
Joe Lovano『Garden of Expression』

デジタル&輸入盤:2021年1月29日(金)リリース
https://jazz.lnk.to/JoeLavano_GoEPR

■ジョー・ロヴァーノ各種リンク
ユニバーサル ミュージック
https://www.universal-music.co.jp/joe-lovano/
オフィシャル・ウェブサイト
http://www.joelovano.com/
Facebook
https://ja-jp.facebook.com/joelovano/
twitter
https://twitter.com/joelovano

ECM Facebook
https://www.facebook.com/ecmrecords/
ECM twitter
https://twitter.com/ecmrecords