NEWS

鮮烈なアイデアとセンスでジャズ界を牽引するピアノの俊英、ヴィジェイ・アイヤーが6年ぶりにトリオ・アルバムをECMからリリース。



鮮烈なアイデアとセンスでジャズ界を牽引するピアノの俊英、ヴィジェイ・アイヤーがタイショーン・ソレイとリンダ・メイ・ハン・オーとのトリオ・アルバム『Uneasy』を4月9日にリリースすることが決定した。ECMからのリリースとしては2作目のトリオ作品で、リーダー・アルバムとしては通算7作目。
アイヤーは、アイデアから別のアイデアへと形を変えながら、異なるプロジェクトのアルバムを続々とリリースし、その境界線を押し広げ続けているニューヨークで注目のピアニスト。彼のユニークな音楽的アプローチは多くの賞賛を得ており、ニューヨーク・タイムズ紙は彼の人格を「社会的良心、マルチメディア・コラボレーター、システム・ビルダー、ラプソディスト、歴史的思想家、そして多文化への入り口」と表現している。

新作『Uneasy』では、音楽の歴史を引きずりながら、彼は音楽を前進させ続けている。この試みの過程で、今日のアメリカの風景を支配している政治的、社会的な動揺が、音楽的な熟考と緊張感のある空間に反映されている。ライナーノーツの中で、ヴィジェイは「今日、『不安』という言葉は、激動の時代にしてはあまりにも穏やかで、残忍な控えめな表現のように感じられる。しかし、この言葉にはそれとは正反対のものが含まれているので、最も落ち着きのある癒しの音楽は、しばしば深い不安から生まれ、その中に位置していることを思い出させてくれるのかもしれない」と述べている。

『Uneasy』は、2019年の年間を通して一緒に演奏してきたタイショーン・ソレイとリンダ・メイ・ハン・オーとのトリオでの初のスタジオ・セッション作品。タイショーンとヴィジェイは2003年のヴィジェイのカルテット・アルバム『Blood Sutra』で初共演しそれ以来、ヴィジェイの2017年のECM作品『ファー・フロム・オーヴァー』を含め、頻繁に共演している。リンダ・メイ・ハン・オーは、数年前から共演するようになったヴィジェイの新しいコラボレーターでカナダのアルバータ州にあるバンフ国際ジャズ・クリエイティヴ・ミュージック・ワークショップの一貫したゲスト・ファカルティ・メンバーであるベーシストで、同ワークショップの共同アーティスティック・ディレクターであるヴィジェイと親交を深めてきた。
彼女の軽快なベースとTyshawnの強靭でありながらも深い音楽性を持つスウィングは、ヴィジェイの過去の作品とは一線を画し、前作のトリオ作品『ブレイク・スタッフ』とは対照的な作品となっている。「私たちは非常に独特なエネルギーを持っています。それは別の種類の推進力、別の衝動、別の色のスペクトルを持っているのです」とヴィジェイはトリオのパートナーを絶賛している。

『Uneasy』では、20年の歳月をかけて作曲された8曲のヴィジェイのオリジナル曲に、コール・ポーターの 「ナイト・アンド・デイ」とジェリ・アレンの「ドラマーズ・ソング」を収録している。「ナイト・アンド・デイ」に関しては、ヴィジェイはその伝統に敬意を表しており、1964年録音のジョー・ヘンダーソンのアルバム『インナー・アージ』に収録されている解釈にインスパイアを受けたとのことだ。マッコイ・タイナーの演奏をベースに、今回のトリオのためにこの曲をアレンジしたという。「私は特に、偉大な故マッコイ・タイナーがヘンダーソンのハーモニックな迷路をナビゲートする方法が大好きでした。私は何十年もの間、タイナーの流動性、ハードなグルーヴ、深いソノリティを研究してきました。2020年に彼が亡くなったことを受けて、私は再び彼の演奏の中で私にとって形成的であった瞬間を再訪し、謙虚な証としてこの録音を手にすることができたことを嬉しく思っています」とコメントしている。

先行配信がスタートしているトラック「Children of Flint」はヴィジェイが2019年に書き下ろした曲で、ミシガン州デトロイト近郊の町フリント出身の子供たちに捧げられている。ヴィジェイは、この作曲の悲劇的な背景の重要性を下記のように強調している。「重大な過失と組織的な人種差別により、町全体の飲料水が鉛で汚染された。ほとんどがアフリカ系アメリカ人であるその町の何千人もの子供たちは、鉛の危険なレベルにさらされており、広範な健康問題、慢性疾患や学習障害につながっています。この作品は、これらの子供たちに捧げられています」

『Uneasy』は、2017年の作品『ファー・フロム・オーヴァー』から出発した場所をピックアップし、現代の不平等と厄介な社会政治的風景を反映しています。しかし、『ファー・フロム・オーヴァー』では、ヴィジェイの言葉を借りれば、「この先にはもっと多くの仕事が待っている」と強調していたのに対し、『Uneasy』では、世界中の社会に蔓延している混乱、騒動、格差の緊急性を増幅させている。
ヴィジェイは以下のようにもコメントしている。「このアルバムに収録されている私の曲は過去20年以上に渡って制作されていますが、最初の『UnEasy』プロジェクトは10年前、そのちょうど真ん中にあったんです。それは不安定な何かを暗示していたんだと思います。僕たちはすでに不安定さと不安を抱えていたのです。常に何か不穏なことが起こっていたのに。そして今、それが目の前で爆発的に展開しているのを見ているのです」

『Uneasy』は2019年12月にニューヨークのマウント・バーノンにあるOktaven Audio Studioで録音、ヴィジェイ・アイヤーとマンフレート・アイヒャーの共同プロデュース作品。


■作品情報
Vijay Iyer『Uneasy』

デジタル&輸入盤:2021年4月9日(金)リリース
https://jazz.lnk.to/VijayIyer_UneasyPR

先行配信トラック「Children of Flint」
https://jazz.lnk.to/VIJAYIYER_COFPR




■ヴィジェイ・アイヤー各種リンク
ユニバーサル ミュージック
https://www.universal-music.co.jp/vijay-iyer/
オフィシャル・ウェブサイト
https://vijay-iyer.com/
Facebook
https://www.facebook.com/vijayiyermusic
Twitter
https://twitter.com/vijayiyer
instagram
https://www.instagram.com/vijayiyer/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC4FuN_1VUFC7-gZhbmc5Okw

ECM Facebook
https://www.facebook.com/ecmrecords/
ECM twitter
https://twitter.com/ecmrecord