NEWS

ニューオリンズ出身のミュージシャンが多数参加した大注目のルイ・アームストロング・トリビュート盤『A Gift to Pops』がリリース!


ニューオリンズ出身のルイ・アームストロングは1971年に69歳でこの世を去ったが、ジャズの父としての功績は今なお語り継がれている。その裏付けとなるのが、クレセント・シティの一流ミュージシャンを中心に構成されたアンサンブル“ザ・ワンダフル・ワールド・オブ・ルイ・アームストロング・オールスターズ”であり、彼へのオマージュを込めた素晴らしいアルバム『A Gift to Pops』である。1930年に録音された「The Peanut Vendor」から、1968年に録音された「この素晴らしき世界」まで、アームストロングの50年にわたるキャリアの中で、彼にまつわる音楽を独創的に再構築し、新たなアレンジと新たな演奏で届けられた作品だ。



共同プロデューサーのワイクリフ・ゴードンは、「ポップス(サッチモ)に精通していますが、メンバーの中で唯一ニューオリンズ出身ではありません。「私たちは、ポップスが生きていたら演奏していたかもしれない方法で演奏したいと思いました。ゴスペルやブルース、伝統的なブラスバンドのサウンド、ポピュラー音楽やラップに影響を受けた曲を盛り込むことで、それを実現するためのアイデアを皆で考えました」とコメントしている。

興行主のジョージ・ワインはライナーノーツで、「この録音で、ルイ・アームストロングの音楽は、彼がいかにしてジャズという言語を生み出し、スウィングからビバップ、さらにはコモンが示すようにラップに至るまで、その後のすべての音楽に影響を与えたかを示しています。このプロジェクトは、ルイと妻のルシールが1969年に設立したニューヨークの組織LAEF(ルイ・アームストロング教育財団)の50周年を記念して、LAEFのエグゼクティヴ・ディレクターであるジャッキー・ハリスの推薦により2018年に「自分が受けた善意を世界に還元するために」発案したものだ。



「20世紀を代表するアーティストでありながら、21世紀のアーティストを指導し、交差させているこのアーティストのレコーディングを実現したいと思いました」とハリスは語る。

「ウィントン・マルサリスやコモンも含めて、参加をお願いしたミュージシャンは皆、この作品に参加できることを光栄に思ってくれました。それぞれのアーティストが音楽について活発に、それぞれのアーティストの特徴を取り入れることができました」とも語っている。 ハリスは、50周年という記念すべき日が少し遅かったことを指摘しますが、パンデミックでレコーディングが困難だったことや、アーティストが国内の別の都市に住んでいて、別のスタジオで参加していたことなど、他の要因も影響したという。

7曲のアレンジを担当したニコラス・ペイトンは、ワイクリフ・ゴードンが悪魔的なヴォーカルを披露し、ドラマーのハーリン・ライリー、ベーシストのレジナルド・ヴィールが参加した「Strutting with Some Barbeque」、叙情的でブルージーな「A Kiss to Dream On」、遊び心のある「I'll Be Glad When You're Dead」など、自身のアレンジを含め、感情的でスリリングなトランペットのソロを披露している。

また、ペイトンは人種意識と偏見をテーマにしたファッツ・ウォーラーの「ブラック・アンド・ブルー」を現代風にアレンジしてリード・ヴォーカルをとっている。最初は荒々しく、必死に歌っていたが、ベースとドラムがR&B風のグルーヴに変えていくのが見事な1曲だ。曲の中でコモンは、「Went through black and blue for the bright day」や「My school of thought is black openness/To define and redefine what the culture is」など、テーマに沿ったラップ詩を披露。

ワイクリフが以下のようにコメントする。「コモンはこの曲に新たなアレンジを加えてくれました。私たちが国として話し合ってきたことが変わってきたように思えましたが、実際変わってはいなかったのです。だからこそ、これは重要なことなのです」さらにハリスはこう付け加える。「私たちは、コモンが若い人たちをルイ・アームストロングに引き込むことを期待しています。私たちは変化を起こすために活動しているのです」と。

また、ゴードンがライリーと一緒に歌う「Up a Lazy River」、ヴィールが歌うゴスペル賛美歌「Just a Closer Walk with Thee」、ピアニストのダベル・クローフォーが歌うホーギー・カーマイケルの「Rockin' Chair」、ライリーがパーカッションを効かせてお祭り気分で歌う「The Peanut Vendor」では、ライリーがしゃがれ声で歌い、マルサリスもソロで参加しているが、これらの曲は全てゴードンのアレンジによるものだ。



「ルイ・アームストロングの歌、演奏、そして彼の解釈は、時代を超えた人間の基本を照らし出します」とマルサリスはコメントしている。「彼の優雅さ、雄弁さ、知性、自然さは、今でも私たちに演奏の仕方や演奏することの意味を教えてくれます。世界中で愛されている彼は、アメリカの良さを体現していました。この困難な時代に、彼の音楽と記憶は、私たちが立ち上がり、アーティストとして、市民として、そして人間として最高の状態になるための完璧なインスピレーションとなります」

「バンドには、トランペット奏者のアシュリン・パーカーとウェンデル・ブルーニアス、テナーサックス奏者のロデリック・ポーリン、ピアニストのコートニー・ブライアン、バンジョー奏者のドン・ヴァッピー、ヴォーカルのニキ・ハリソンとメニア・チェスター、そして「Black and Blue」に特別ゲストとしてギタリストのダーウィン "ビッグD "パーキンズが参加している。



CDでは、ポップスがトランペットを吹きながらセクステットと一緒に歌うカリスマ性のある「When It's Sleepy Time Down South」で幕を開ける。この曲は1964年にネバダ州スパークスで録音されたもので、数年前にルイの個人的なコレクションの中からテープが発見されたもの。このテープは現在、ルイ・アームストロング・ハウス・ミュージアムに所蔵されているとのことだ。また、このアルバムの最後には、ルイ本人が「人生の哲学」について語っている短いテープが収録されているのも感動的だ。

ワイクリフ・ゴードン、ジャッキー・ハリス、ニコラス・ペイトンが共同でプロデュースし,、“ザ・ワンダフル・ワールド・オブ・ルイ・アームストロング・オールスターズ”が演奏した『A Gift to Pops』を聴けば、彼の音楽がこの魅力的なニューオリンズのミュージシャンたちと一緒に今でも生きているということを真のルイ・アームストロング・ファンには感じられるだろう。


■作品情報
The Wonderful World of Louis Armstrong / A Gift to Pops

デジタル・輸入盤:発売中
https://Louis-Armstrong.lnk.to/A_Gift_To_Pops

(収録曲)
1. When It’s Sleep Time Down South
2. The Peanut Vendor (feat. Wynton Marsalis)
3. Struttin’ With Some Barbeque
4. Up A Lazy River
5. I’ll Be Glad When You’re Dead
6. Rockin’ Chair
7. St. Louis Blues
8. Give Me A Kiss to Build A Dream On
9. Swing That Music
10. Black and Blue (feat. Common)
11. Just A Closer Walk With Thee
12. What a Wonderful World
13. Philosophy of Life