NEWS

ジェイムス・テイラーの新トラック「Coming Back to You」が先行リリース。 豪華ゲストらが素晴らしい演奏で繰り広げるレナード・コーエン・トリビュート作品が10月14日に世界リリース


©Norman Seeff



名匠ラリー・クラインがプロデュースした新アルバム『ヒア・イット・イズ:トリビュート・トゥ・レナード・コーエン』が10月14日にブルーノート・レコーズからリリースされることが発表された。このアルバムは、伝説のシンガー・ソングライター、レナード・コーエンの名曲の数々が豪華ゲスト・ヴォーカリストによる素晴らしい演奏で繰り広げられるものだ。

参加ヴォーカリストたには、ノラ・ジョーンズ、ピーター・ガブリエル、グレゴリー・ポーター、サラ・マクラクラン、ルシアーナ・スーザ、ジェイムス・テイラー、イギー・ポップ、メイヴィス・ステイプルズ、デヴィッド・グレイ、ナサニエル・レイトリフなど。

また、本作品に収録されるジェイムス・テイラーの「Coming Back to You」(邦題:あなたの胸に)の先行配信がスタートした。



「レナード・コーエンは1982年くらいからの友人で、人生の最後の15年間は親しい友人となりました」とクラインはコメント。「彼はおそらく、私が持つ友人の中で最も賢く、最も面白い人物で、あらゆる面で非常に楽しかった人です。彼が亡くなってから、一緒に仕事をしている他のアーティストに、彼の曲を頻繁にカヴァーしていることに気がつきました。その理由のひとつは、もちろん曲がとても良いからで、ある意味、レナードは最高のポップ・ソング・ライターなのですが、もうひとつの理由は、私の周りに彼の空気をとどめておきたかったからです」。

そこでクラインは、アルバム1枚分のコーエンの曲を集め、さまざまなジャンルのヴォーカリストたちと、ジャズをベースにしたミュージシャンで彼曰く「ジャズ界で最も先見の明のあるミュージシャンたち」ギターのビル・フリゼール、サックスのイマニュエル・ウィルキンス、ピアノのケヴィン・ヘイズ、ベースのスコット・コリー、ドラマーのネイト・スミス、さらにペダルスティールのグレッグ・リース、オルガンのラリー・ゴールディングスという優れたコア・バンドとマッチングさせたのである。

「ラリー・クラインからレナード・コーエンのトリビュート・アルバムへの参加を誘われたとき、私はすぐに引き受けました」とジェイムス・テイラーは言う。「ラリーは優れたレコーディングのプロデューサーであり、良き友人でもあるからです。そして、私と同世代のほぼ全員がそうであるように、私もレナード・コーエンを崇拝しているからです。自分の音楽の好みを探し始めたとき、コーエンの曲は数少ないお気に入りのひとつで、ソングライターとしての自分の進歩に大きな影響を与えてくれました。今回のプロジェクトでは、初めて聞く比較的無名の楽曲「Coming Back To You」に惹かれました。ラリーはこの曲をコーエンのオリジナル・キーでカットすることを選びましたが、それは確かに私の音域の底辺にあるものでした。しかし、どういうわけか、私をコンフォートゾーンから引き離すことで、私自身の曲へのアプローチを見つけることができました。レナード・コーエンの作品の多くがそうであるように、この歌詞もまた、愛と愛着という荒涼とした風景に対する彼の孤独と絶望に深く共鳴しているのです。だから、深いため息をついて、飲み干すのです...」。

このアルバムに収録されている12曲は、1967年のデビュー作『ソングス・オブ・レナード・コーエン』(邦題:『レナード・コーエンの唄』)に収録された「ヘイ、ザッツ・ノー・ウェイ・トゥ・セイ・グッバイ」(邦題:「そんなふうにさよならを言ってはいけない」)から2016年の死の数日前にリリースされた最後のアルバム『ユー・ウォント・イット・ダーカー』まで幅広いレンジからの選曲で、彼の最もよく知られた名曲「スザンヌ」、「フェイマス・ブルー・レインコート」などから、あまり馴染みのない隠れた曲までを網羅し、すべて思慮深く意外性のあるアレンジと演奏によって新しい命が吹き込まれている。

ロックダウン中の録音となったため、それぞれのヴォ―カルはイギリス、シカゴ、カナダ、マイアミなど各地のスタジオで録音されたとのことだ。

「これらの詩を再文脈化し、別の光を当てることは、非常に満足のいく経験でした」と彼は続ける。「私たちが一緒に開発したこの音楽言語と、これらのものを置く文脈によって、コーエンの曲が新しい方法で人々とつながることを願っています」。


■作品情報
Hear It Is: A Tribute to Leonard Cohen
ヒア・イット・イズ:トリビュート・トゥ・レナード・コーエン

10月14日世界同時リリース
日本盤SHM-CD 品番:UCCQ-1170
税込価格:¥2,860
https://lnk.to/HereItIs_ATributetoLeonardCohenPR

収録曲
Steer Your Way / スティア・ユア・ウェイ- ft.ノラ・ジョーンズ (2016年『ユー・ウォント・イット・ダーカー』収録)
Here It Is / ヒア・イット・イズ – ft.ピーター・ガブリエル (2001年『テン・ニュー・ソングス』収録)
Suzanne / スザンヌ- ft.グレゴリー・ポーター (1967年『レナード・コーエンの唄』収録)
Hallelujah / ハレルヤ- ft.サラ・マクラクラン (1984年『哀しみのダンス』収録)
Avalanche / 雪崩- ft.イマニュエル・ウィルキンス (1971年『愛と憎しみの歌』収録)
Hey, That's No Way to Say Goodbye / そんなふうにさよならを言ってはいけない – ft.ルシアーナ・スーザ
(1967年『レナード・コーエンの唄』収録)
Coming Back to You / あなたの胸に- ft.ジェイムス・テイラー (1984年『哀しみのダンス』収録)
You Want It Darker / ユー・ウォント・イット・ダーカー – ft.イギー・ポップ (2016年『ユー・ウォント・イット・ダーカー』収録)
If It Be Your Will / もしもあなたが望むなら- ft.メイヴィス・ステイプルズ (1984年『哀しみのダンス』収録)
Seems So Long Ago, Nancy / ナンシー – ft.デヴィッド・グレイ (1968年『ひとり、部屋に歌う』収録)
Famous Blue Raincoat / フェイマス・ブルー・レインコート -ft.ナサニエル・レイトリフ (1971年『愛と憎しみの歌』収録)
Bird on The Wire / 電線の鳥- ft.ビル・フリゼール (1968年『ひとり、部屋に歌う』収録)


■各種リンク
ユニバーサル ミュージック
https://www.universal-music.co.jp/p/uccq-1170/

Blue Note Records
Website
Facebook
Twitter
Instagram
Spotify
Apple Music
YouTube