COLUMN/INTERVIEW

【連載】ジャズ百貨店 名盤BEST 20 第4回:アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ『モーニン』

2016年の発売スタート以来、シリーズ累計出荷が75万枚を超えるユニバーサル・ジャズの定番シリーズ「ジャズ百貨店」。10月・11月に新たなラインナップ100タイトルが登場するのに先駆けて、これまでに発売された全510タイトルの中から“いま”最も売れている20枚をピックアップし、個性豊かな執筆陣が紹介します。



文:柳樂光隆 (Jazz The New Chapter)

ブルーノートが残してきたハード・バップにはとにかくキャッチーでフレンドリーな作品が多く、ジャズ史の中でも特に親しまれてきた人気作と言えるものも少なくない。一度でも耳に入れば記憶に残り、何度も何度も頭の中で流れて、何なら口ずさめてしまうような音楽をポップソングと呼ぶならば、おそらくブルーノートの中にはポップソングのように聴かれてきたジャズもあったはずだ。だとしたら、その最上位のアルバムの一枚に『モーニン』があり、そのタイトル曲「モーニン」はその文脈における至上の一曲と言っても差し支えないだろう。



「モーニン」の特徴にはジャズ=即興というイメージだけでは語れない作りがある。そもそも最初の1分はすべて編曲されていて即興要素はない。耳に残るフレーズが鳴り、それを彩るようにさまざまな楽器がパズルのように組み合わさり、一瞬で聴き手の心を掴む。しかも、実によくできていて、冒頭のピアノのフレーズと管楽器セクションが交互に奏でる部分は“コール&レスポンス”になっている。この曲からは作曲者のボビー・ティモンズが込めたゴスペルへの思いが随所に聴こえてくるのだ。1分過ぎで耳をつんざくようなハイトーンから始まるリー・モーガンのソロも過不足がなくスタイリッシュ。最先端の街ニューヨークのBGMとして完璧な音が詰まっているのが「モーニン」なのだ。かと思えば、同じスタイリッシュさでもエレガントでスムースな「アロング・ケイム・ベティ」のようなテイストの異なる曲を揃えているのも気が利いているし、典型的なファンキーなハード・バップの「アー・ユー・リアル」、ブレイキーのドラムソロを軸にした「ドラム・サンダー組曲」、マーチをジャズ化した「ブルース・マーチ」とそれぞれにまったく異なるスタイルの曲が並ぶ。そして、最後は大スタンダードの「カム・レイン・オア・カム・シャイン」を置いて美しく幕を閉じる。曲順から何からすべてにおいて文句のつけようがないのが『モーニン』だ。アート・ブレイキーは完璧なポップ・アルバムを作り、広くジャズを届けることに成功した偉大な“ジャズ・メッセンジャー=ジャズの使者”だったのだ。


【リリース情報】
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ『モーニン』

UCCU-5659
https://store.universal-music.co.jp/product/uccu5659/

ジャズの名盤勢揃い!ジャズ百貨店シリーズ特設サイト
https://www.universal-music.co.jp/jazz/jazz-hyakkaten/